ガジェット・アプリ iPad ガジェット

iPad miniレビュー!使い方をさらに改善したよ!

ガジェット・アプリ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
ふらもん
ふらもん

ご訪問ありがとうございます。ふらもんです。

前回のレビューから数ヶ月、iPad miniさんは家でも外でも活躍していた…はずでした。しかしやっぱり画面が絶妙に小さいのが仇となり、またもや存在感を失い始めていました。

そこで「どうしてiPad miniにしたのか」を再び考え、どうしたらiPad miniが輝けるかを考えたので、その過程と結果をここに書いていきます。

ふらもん
ふらもん

せっかく買ったんだから、使いこなさねば…!

スポンサーリンク

分析…なぜiPad miniにしたのか

まず原点に立ち返り、「どうしてiPad miniにしたのか」を考えました。

  • 機動性が欲しかった
  • 外でお絵かきやノート取りがしたかった
  • 元々MacBookを買うつもりだったので、その連携も考えて

こうして考え直すと、現在のこの状況はMacBookでなくiMacを買ってしまったことに端を発したと言えます。

ふらもん
ふらもん

だって30万円越えのパソコンを持ち歩く度胸がなかったから…

またそもそも私は自宅の方が集中できる人間である(もちろん外で作業したくなる時もある)というのも今の状況の原因の一つと言えます。要は自分のニーズがよくわかってなかったのです。

でもまあ買ってしまったものは仕方ないので、なんとか使い方を考えます!

iPad mini復活計画…ノートアプリの使い方を改善

上のiPad miniを買った理由の中に「外で絵を描いたりノートをとりたい」とあった通り、私は外でApple Pencilを使うことを主軸に考えていました。

ということで、外でApple Pencilを使うことを重点におき、iPad miniの使い方を考え直すことにしました。

アプリ整理

まず手始めにノートアプリのNoteshelfを削除しました。

どういうわけだと思われそうですが、私はすでにGoodNotesという別のノートアプリを持っており、一本化した方が使いやすくなるのではないかと思ったからです。

Noteshelfもウィジェットに対応していたり書き心地がよかったり長所があったのですが、どちらかに一本化するにあたってGoodNotesに軍配が上がりました。

ふらもん
ふらもん

GoodNotesの方がPDF編集に向いてたり多機能なんだよねー

GoodNotesにカレンダー一体式の手帳をインポート

下記サイト様を参考に、SONYさんのカレンダー手帳をGoodNotesにインポートしました。

GoodNotes5でスケジュール管理すると快適過ぎた!便利で素敵すぎる活用法も紹介します
皆さんはスケジュール管理をどのようにしているでしょうか?『スケジュール帳に書いている人』『カレンダーアプリを使…
iPadを手書きの手帳として使う方法、紹介します | ムクッといこう
iPadを手帳代わりに使いたい人、たくさんいますよね。そこで管理人が実際に普段から実践している方法をご紹介します。情報を一箇所に集約すると効率性がものすごくアップします!

これでスケジュール管理と日記を一緒につけようという考えです。

iPad miniの大きさなら手書きしたくなった時にいつでも取り出せるので、シナジー効果が大きいと考えたのです。

ふらもん
ふらもん

そしてその結果、新たな世界が広がりました!

結果…すんごく使いやすい

目次でネタバレした通り、ものすごく使いやすかったです。やっぱりiPadは最高でした。

どこでもApplepencil

やっぱりまずはこれです。どこでも手書きでメモを取れるメリットは大きいです。最初は外でメモを取るのに躊躇していましたが、いざ外で手書きメモを取れるようになるとこれは便利便利。

スマホポチポチよりも見た目・マナー的に違和感がない(書いていると一目でわかる)のも大きいです。

ふらもん
ふらもん

やっぱりApplepencilは偉大だった…!

持ち運びさえすればどこでも使える

これも大きいです。軽くて小さくどこにでも入るので持ち運ぶには苦にならず、そして得られるメリットは甚大。

iPad miniは外に持ち運ぶことで真価を発揮すると気づいた瞬間でした。(遅い)

ふらもん
ふらもん

大きさは正義だけど、小さいのもまた別の正義だった!

ズボンによってはポケットにも入る(らしい)

まだ確認できていないのですが、世の中にはiPad miniが入るポケットのついたズボンやジャケット、コートがあるそうです。それがあればiPad miniがもう神の上になるのですが、なかなか見つからず。

今度新しい服を探す時に調べてみます。

折りたたみキーボードとの神連携

流石に大画面のiMacやiPad Proには劣りますが、これも文字打ちツールとして活躍してくれます。これの長所は狭いカフェなどのiPad ProやMacBookなどが出せないスペースでも使えることです。

ちょっとした隙間時間で文字打ちができるのは便利です!

iMacのサブディスプレイにもなる(ちょっと小さいけど)

MacとiPadのアップデートで、iPadがMacのサブディスプレイになるようにできます(SideCar)。iPad miniは小さいので使いにくいと思いきや、意外や意外、使えるんです。

アクティビティモニタなど、常駐させたいウィンドウを一つ開いておくだけでもなかなかに便利。ちょっとしたペンタブにもなります。

iPad Pro12.9インチが一番いいのですが、iPad miniでも十分使えます!

ふらもん
ふらもん

MacBookと持ち歩くならこれが一番いいかも!

ちょっと後悔している事

先にiPad Pro12.9インチかMacBookを買うべきだった

使ってみて思うのが、これはiPad ProやMacBookといった母艦ありきのサブ機だということ。単体では中途半端なサイズ感のためどうしても使いにくいのです。

なので先にそちらを買い、それとiPhoneの隙間を埋めるデバイスとして購入すべきでした。

ふらもん
ふらもん

iPad ProやMacBookが買えれば結果的には同じではあるけども…

容量64GB+Wi-Fiモデルでよかった

iPadOSが登場して、USBメモリや自動テザリングが使えるようになり、大容量+セルラーの恩恵が少なくなりました。現在256GBの容量がありますがはっきり言って余りがちですし、iPhoneをもたずにiPadを持っていくシチュエーションもあまり思い浮かびません。

こちらの選択肢なら3万円が浮きました。

ふらもん
ふらもん

買っちゃったものは仕方ないので、容量だけでも生かしたいなー。

Apple pencilでなくCrayonでよかった

Apple pencilの互換デバイスに筆圧感知がない代わりに安くて使いやすいCrayonがあるのですが、そちらを使うべきじゃないかと思いました。メモ書き用途なら不格好な充電方法のApplepencilより何かと使いやすいと評判ですし。

ただApple pencilも「絵を描ける」というメリットがあるんですよねー。どうしたものか…。

前回から増えた主力アプリ

ここで、前回アプリレビューから新しく増えたよく使うアプリを紹介したいと思います!

Googleスイート

Googleのオフィス互換アプリたちです。クラウド(Googleドライブ)にデータがあるのでデータ管理がめちゃくちゃ便利、WindowsでもMacでも使える、動作も軽い、いつの間にかマクロも使えるようになっていたとメリットだらけ。

もうExcelやNumbersを使うメリットがありません。

ふらもん
ふらもん

さすがGoogle先生やでぇ!

Udemy

プログラミングやWebデザインなどの学習動画を売っているサービスです。普段は高いですが、セール時の割引がすごいすごい。コスパの暴力です。

ふらもん
ふらもん

まだ手が回っていませんが、ちょくちょく見て勉強していきたいです!

Dynalist

DynalistでWordpressブログ執筆のすすめ!

アウトラインプロセッサーDynalistでWordpressの記事を書く方法を紹介しています!記事がうまく書けない人は参考にしてみてください!

有名なアウトライナーですね。ブログの下書きに使い始めましたが、凄まじい効率性を誇ります。

シナリオプロットなどにも使えそうなので、これから使い方を勉強していきたいです!

ヒューマンアナトミーアトラス

人体の構造を見られるアプリで、セールで即買いしました。

まだ人の体をちゃんと描ける状態にないので使うには早いですが、買っておいて損はありません!

ふらもん
ふらもん

そろそろ絵の記事も書かなきゃ…

Adobeアプリいろいろ

Adobe CCに入ったのでいろいろ落っことしました。

今はiPadでPhotoshopも使えますしすごいすごーい!

まとめ…やっぱり神器でした

ということで、iPad miniの再レビューでした。やっぱり神器でした。

私のように初iPadでいきなり買っちゃうと使い道に困る事態になりますが、サブ機としての用途が分かっている方ならこれほど便利なガジェットはないです。無印iPadの次に安いですし。

外でiPadのでかいやつやMacBookを使う方は買うとすごく幸せになれます!

ふらもん
ふらもん

そうでない方も、是非買ってみて自分の使い道を探してみてください!(沼への誘い)

この記事を書いた人
ふらもん

Webプログラマー(志望)の謎の生物。趣味はお絵かきとゲーム制作。日々の成長記録をここに書き記しています。

ふらもんをフォローする
ガジェット・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魔導研究棟

コメント

タイトルとURLをコピーしました