ガジェット・アプリ ガジェット キーボード

FILCO Majestouch2レビュー!プログラミング・ライティングするなら高級キーボード!

ガジェット・アプリ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
ふらもん
ふらもん

ご訪問ありがとうございます。ふらもんです。

キーボードは現代におけるペンのようなものです。こだわらない人もいる反面、こだわり始めると底が知れません。

今回はそんなキーボードについてちょっとこだわってみたので、レポートします!

ふらもん
ふらもん

若い人に特におすすめかも知れない!

スポンサーリンク

はじめに

今回買ったキーボードはこれです!

Amazon | FILCO Majestouch2 87テンキーレス茶軸US配列 USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独Cherry茶軸採用メカニカルキーボード ブラック FKBN87M/EB2 | FILCO | パソコン用キーボード 通販
FILCO Majestouch2 87テンキーレス茶軸US配列 USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独Cherry茶軸採用メカニカルキーボード ブラック FKBN87M/EB2がパソコン用キーボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部...

なんで買ったの?

ふらもん
ふらもん

Magic Keyboardが合わなすぎたんだよッ!!

Magic KeyboardはiMac付属のキーボード。板のように薄く、合う人と合わない人がいるのですが、私は壮絶に合わない側の人間でした。Windowsを子供の頃からいじっていたため、厚いキーボードに慣れすぎていたのです。

ふらもん
ふらもん

iPadの折りたたみキーボードは最高に使いやすいのに…

iMacを家電量販店で使ってみたときから「これは合わないな」と感じたため、買った時点で買い換えようと思っていました。

買うまでの検討過程

そんなわけでキーボードを買うことになりました。検討基準は以下の通りです。

  • 英語配列
  • 有線接続(Macの無線接続はMagic Keyboard以外は安定しないらしいので)
  • 1万円以上(Magic Keyboardから買い換えるので、高くてもいいものが欲しい)

検討の結果、候補は2つに絞られました。HHKBとMajestouchです。最初はHHKBが優勢だったのですが、

  • HHKBはキー配列が特殊で、慣れるか不安
  • ソフトなキータッチよりクリック感が欲しい
  • 筆者は腱鞘炎の心配があまりない
  • Majestouchの方が17000円ほど安い

以上からHHKBは時期尚早と考え、Majestouchを選びました。

買ったキーボード

英語配列・茶軸

Majestouchを含むメカニカルキーボードには軸の色があり、それぞれで打ち心地が違います。

参考↓

DIATEC|ダイヤテック株式会社 :CHERRY MXスイッチとは

私はこのうち青軸と茶軸で迷ったのですが、試打したところ青軸はちょっとうるさすぎて家族に迷惑かなと思ったため、茶軸を選びました。

ふらもん
ふらもん

打ち心地なら青軸の方が良かったんだけどねー。

英語配列は前述の通りです。プログラマーは英語配列の方が打ちやすいほか、MacはCapsLockキーでワンタッチで日本語と英語を切り替えられるようにできるため、英語配列の方が使いやすいのです。

箱の中を見てみよう

そして世間で言う所の開封の儀ですが、写真を撮り忘れてしまったので、キーボードと箱の中で別々の写真となります。

ふらもん
ふらもん

ごめんね!

外箱
外箱
箱の中身…だったもの
箱の中身…だったもの
キーボード(とトラックパッド)
キーボード(とトラックパッド)

設定

Macのキーボード設定をいじる

参考サイト様↓

【Mac USキーボード】ワンボタンで「英字・ひらがな」入力切替。追加アプリなし! – りんごびと

右上の言語パネルをクリックし、「日本語関連設定を開く」をクリック。

Caps Lockの動作を「オフの時「英字」を入力」に設定。

これでCaps Lockで英語と日本語を切り替えられるようになり(iPadと同じ操作)、利便性が大幅に上がります!

Karabiner-Elementsの設定

MacでWindows用キーボードを使用する方法(High Sierraにも対応)
Windows用のキーボードをMacで快適に使用するためのアプリ、Karabiner-Elementsの使い方と設定方法をご紹介します。

Windowsキーボードにはcommandキーなんかがないので、アプリで対応します。

Karabiner-Elementsで検索し、ダウンロードしインストール。キーを設定していきます。

ふらもん
ふらもん

私はこう設定しました!

レビュー・いいところ編

元に戻れない

やっぱり厚いキーボードの方が私には合っていました。強い力で打っても指が疲れません。ミスタイプも明らかに減りました。Magic Keyboardで打っていた時の「無理してる感」がなくなって、とても満足しています。

ふらもん
ふらもん

ブラインドタッチがもっとできるようになりたいなー。

ほどよい打鍵音

うるさすぎず、静かすぎない適度な打鍵音がいい感じです。打ち心地だけを考えたら青軸がいいのですが、今は家族が隣でよく寝ていたりするので、茶軸で正解だったと思います。

ふらもん
ふらもん

HHKBはもっと静か…というか打鍵音がいいらしいね!

わずかなクリック感が心地いい

茶軸は青軸と赤軸の中間的な性質を持っており、わずかにクリック感があるのが特徴で、これがどの程度力を入れれば入力されるかの目安になってくれます。底打ちしなくても反応してくれるので、タイピングを早くできそうです。

ふらもん
ふらもん

キーボード道は長い!

「タイピングしている感」が最高

総合的に見て、とても「タイピングしている感」を与えてくれるキーボードです。上手く使えばさらにタイピングを早くできるという奥の深さ、実用性を併せ持った素敵なキーボードです。

ふらもん
ふらもん

1万円と高かったけど、買ってよかった!もうメンブレンには戻れないかも!

レビュー・悪いところ編

Winキーがある

Windowsキーボードを無理やりMac用として使ってるのでしょうがないのですが、Winキーがあったりキーの配置が違ったりします。慣れれば問題はないのですが、今も「これがCommandキーで…」みたいに一瞬迷います。

ふらもん
ふらもん

HHKBなら問題はないんだけど、3万円するんだよねー…

さらに物欲が増す

今回茶軸を試してみたことで、さらに自分に合うキーボードが欲しくなりました。

打っていて「クリック感はいらないかも」と思えてきたので、次は赤軸やHHKBにしようかと密かに企んでいます。でも青軸のかちゃかちゃ感も捨てがたいんですよねー…と、こんな感じでさらに物欲が増しました。お金に余裕がない人は手を出さないか、それか値段を無視して自分にとって最高のキーボードを買ってしまうことをお勧めします。

ふらもん
ふらもん

自己投資はほどほどに!

まとめ…キーボードで人生を変えよう!

以上、MajestouchのMacでの使い方とレビューでした。端的に言って1万以上の価値は明らかにあります。高級なだけあって、使い心地は二千円そこらのキーボードとは隔絶しています。強い力でも弱い力でも使えるのが一番大きいです。メンブレンやパンタグラフはどちらかしかできませんからねー。

文字をたくさん打つライターやブロガー、プログラマーといったキーボードが相棒と言える職の人は、ぜひキーボードにもこだわりましょう!

ふらもん
ふらもん

いつかは青軸・赤軸やHHKBにも挑戦して見たいです!

この記事を書いた人
ふらもん

Webプログラマー(志望)の謎の生物。趣味はお絵かきとゲーム制作。日々の成長記録をここに書き記しています。

ふらもんをフォローする
ガジェット・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魔導研究棟

コメント

タイトルとURLをコピーしました